鳥インフルエンザが確認されました。

島根県で、鳥インフルエンザ 高病原性「H5」が確認されました。

政府は30日午前、島根県安来市の養鶏農家で高病原性鳥インフルエンザの感染が疑われる鶏が見つかったことを受け、 全閣僚で構成する「鳥インフルエンザ対策本部」を設置し、鹿野道彦農相が防疫措置の実施状況などを報告した。

菅直人首相は宮崎県で口蹄疫(こうていえき)被害が拡大した事例を挙げ「迅速な初動対応が重要だ」と指摘。「何としても 抑え込まなければならない。国内の危機管理に全力を挙げてほしい」と各閣僚に指示した。【宮城征彦】

 鳥インフルエンザニュースはこちら

 

厚生労働省は29日、アジアを中心に鳥から人に感染し、死者も出ている鳥インフルエンザ(H5N1)が

新型インフルエンザとなる場合に備え、新たに備蓄用のワクチン約1000万人分を製造している

  ことを明らかにした。

厚労省は2006年度以降、H5N1のワクチンを毎年約1000万人分ずつ製造、備蓄していたが、09年度は

新型インフルエンザ(H1N1)のワクチンを製造し、予定していたH5N1ワクチンは製造しなかった。

ワクチンの原液の有効期限は3年間で、06年度に製造したワクチンは既に期限が過ぎ、07年度製造分も

本年度末に期限切れになる。

 

●● 弊社のシアック・ワンは、インフルエンザに有効です。 ●●

スプレーで空中除菌・消臭が出来ますし、食品添加物規格ですので、体に安心安全です。

(シアック・ワンは無臭です。)

マスクの口に当たる部分に吹き掛けて頂ければ、抗菌効果が出来て、更に安全です。

ぜひお試し下さい。 シアックについてはこちらへ